便利屋のお仕事

 ~喧噪のboleroたち~

作・演出 芹川  藍(劇団青い鳥主宰)

 

2017年2月5日(日)

ひたちなか市文化会館 小ホール

 

ここは便利屋「ドウ・オール・リクエスト」

 

今日もいろんなお仕事が舞い込んでくる。

 

 引きこもりの子どもの話し相手、カラオケのご相伴、冠婚葬祭への代理出席。

 

そのたびにスタッフは右往左往、八面六臂の活躍をみせる。

 

それは世の中を映す鏡のような日々であった。



『便利屋』を知ったのは30年位前。

電信柱に「便利屋です!なんでもやります」のチラシ。

電球を変える、溝掃除をする、粗大ゴミを運ぶ・・・、日常の雑多な仕事を請け負っていた。

 

そして今、『便利屋』はその姿を変えて私の前に現れた。

のドキュメンタリー番組に映し出された繁盛している便利屋。

 

引きこもりの子どもの話し相手になって…、パチンコ依存症を一緒に治してほしい…、

偽装の家族になって…。

まるでカウンセラーやデイサービスのようである。

 

便利屋の責任者がインタビューに答えていた。

「ホントはこんな仕事、無くなればいいのです。」

本来なら、家族や友達やご近所さんのできること。

 

便利になり続けるこの先に何が待っているのか。

何が残り、何を失くすのか。

しかし、どんな世の中になろうと、人は健気な存在であると、私は思う。

 

そこにはいつも心があり、心で動き、心によって動かされると。

 

芹川 藍