朝日のあたる店

作・演出 芹川 藍 (劇団青い鳥主宰)

2016年2月28日(日)

ひたちなか市文化会館

 

元気な声が行き交う「あけぼのスーパー」が開店の準備に追われている。そんな中、パートとして働き始めてまだ二週間の藤堂は仕事に慣れないでいた。
そんなある日、朝から雨が降り続き、ついに警報が発令された。店のなかにも水が流れ込み大変な騒ぎとなる。藤堂は自宅に帰れないと家に電話するのだったが。

 

 自分を変えようと、小さな勇気をもって一歩踏み出した藤堂さんの一日の物語。


「明けない夜はない」

すごくあたりまえの言葉なのに、とんでもなく勇気が出る。

 

ーあけぼのに集う人々。

ひとりひとりには背負う人生がある。

悲しみ、怒り、諦め…。

闇も光も平等にやってくる。

 

そして今日も朝は来る。

朝日はひとりひとりの顔を平等に照らす。

 

そして・・・・・ 今日も朝は来る。

 

朝日はひとりひとりの顔にふるそそぐ。

 

芹川 藍