· 

ひたちなかSOU・SOUの色に

 

10月20日(土)のSOU・SOUは、朝から稽古。

 

「今からひたちなかSOU・SOUの芝居をつくっていきます。」

 

前回やらなかったところから順番に、芹川先生の熱血指導が始まりました。

 

とりあえず台詞は覚えた! 
というところから、嘘くさくないよう、さらに面白くなるよう先生からはダメ出しの嵐。

 

「はい、もう1回!」

 

出来るようになるまで何度も何度も繰り返します。

 

今回は、自分が出ていないシーンも皆で見学することで、今までになかった何か熱い一体感を感じたのでした。

 

やらないと、いや、やりたい!
ひたちなかSOU・SOU色のモモエさんをつくります!

 


ひたちなかイキイキ表現団 SOU・SOU『想・創』 公演

2019年2月3日「わからなければモモエさんに聞け!」


◆メンバーのつぶやき◆

 


・「今からひたちなかSOU・SOUの芝居をつくっていきます。」
 芹川先生からいただけた言葉。
 ひたちなかのモモエさんをつくるのに
 乗り越えるのはまず自分! 頑張ろう!

 


・「心で感じるクセをつけると、楽になる」それは今まで講座を続けてきて実感してきたこと。
「与えられた役にいかになりきれるか」今期もSOU・SOUで今までと違う自分を探しています。

 


・みんなのお芝居が見られて、見てもらえて、とっても楽しかった。
 先生のダメ出しも笑わせながら図星!
 SOUSOUにいられてなんて幸せなのだろう!みんなでがんばるっきゃない!と思った。

 


・SOUSOUは「芹川藍先生の白熱やりきり教室inひたちなか」だと実感しました。

 


・「感じる」お芝居になるように感性を磨きたいです。

 


・良いお芝居って、台詞一つ動き一つの中の感情がこんなにも良ーく見えるんだと改めて知りました。

 


・1人の真剣さが小波となり、共鳴してやがて大きなうねりとなる。
 SOUSOUの挑戦はまだまだ続きます!

 


・先生の指導稽古を見て学ぶ。一緒になってウルっときたり贅沢で大好きなひと時。
 見ている人の応援の気も響きあってました。

 

 

・感じる、想像する、やりきる。 簡単そうで難しい。 

 ひたちなかSOU・SOU色のモモエさんになった時のことを想い、なんとしてもやりきるぞ!